商店街にとっての幸せ。ってなんだ?

「商店街の活性化」

何年、十何年、どれだけこの言葉が日本中で議論されてきただろうか?

そして、その解決のために、多くのリソース(人、情報、時間、補助金など)が投入され、取り組んできたものの、活性化したといえる商店街の話が、どれだけあっただろうか?

成功がゼロとは言わないが、多くが、功を奏さず、現状維持、または衰退など、芳しくないものばかり。

いや

それ以前に、何をもって「活性化した」と言えるのか、基準すらあいまいなのだ。

それもないのに、枝葉の議論が優先され、基準もないままに、やみくもにリソースを消費して、元の木阿弥ということが多くある。

幸せの定義は人それぞれ

商店街活性化の事を調べて動いていると、「足並みがそろわない」ことがよく言われる。

  • 「うるさく成るのが嫌だ」
  • 「今で十分だから、何もしなくていい」
  • 「後継者いないから、いずれしめる」
  • 「税金対策だけしてたい」
  • 「先祖代々からの土地だから、貸したくない、譲りたくない」
  • 「もっと活性化してほしい。でも、年だから俺は動けない。」
  • 「大手ショッピングセンターのせいで、こうなってしまった。あいつらをなんとかしろ。」

色んな声が聞こえてくる。

ここで間違ってはいけないのは、

一人ひとりの言葉は、もっともな事なのだ。

その人がそう感じているのだから。

それを「そんなこと言ってるんじゃない」「こうあるべきだ!」「そんなんじゃ引っ越ししてくれ」とか、指摘しても、刺激しても、意味のないことなのだ。

幸せの定義は、ひとりひとり、違う。

まして、価値観を強制するものでもないのだ。

じゃ、どうすればいいのか?

田邉なりの、商店街の活性化、まちの活性化。

結論はいたってシンプルだ。

「やりたい奴が、自分の金とリスクで商売を個々にきちんとやればいい」

たったこれだけの事なのだ。

やらない人、やりたくない人は、そのままでいい。

 

富士宮の商店街も、最初っから商店街じゃ無かった。

富士山の、神社の前に、商売やりたい奴が勝手に集まってきて、場所決めて、個々に商売やってた。

これだけじゃないと思うが、大きな分類でいえば、元々発生した大宮商人、山梨・甲州商人、滋賀・近江商人など、みなこの地に集まってきたのだ。

「富士宮ドリーム」「富士宮ゴールドラッシュ」を求めて。

商店街があって商店ができたのではなく、商店が集まって商店街ができたのだ。

まちが形成されてきたのだ。

これを勘違いしてる、商店街施策が、議論が、どれだけ多いことか。

大事な事なので、単語を変えて(笑)繰り返し書いてみる。

活性化は、

「やりたい人が、自己資金で、自らがリスクを負って、個々にビジネスをがっつりやればいい」

のだ。

今日の教訓

「自分でどんどんやる。誰かが面倒見てくれるわけがない。」

補足:にぎやかになってくれば、やらない人、やりたいくない人も、変わってくることもある。

後継者不在だったけど、遠くに就職した子供が「帰って何かをやりたい」というかもしれない。

「家賃見込めるなら、貸してもいいよ」思うようになるかもしれない。

その辺は、すべて、あと、なのだ。

商店街を一人の人としてみたてると

「商店街にとっての幸せ」とは、やりたい人が元気にやって、周りの細胞を活性化してくれることじゃないか、と。

今は、新陳代謝の過渡期。

なので、停滞している事は、悪いことじゃないのだ。

停滞は、過渡期に、フツーに現れる現象の、一つでしかないのだ。