富士山世界文化遺産センター完成が間近

地域活性化・まちおこし

来月12月23日開館予定の世界遺産センターの工事が大詰めになってきました。

外観はほぼ完成、水盤も水を張るテスト調整しながら整備が進んでいます。内部も整備中ですが、一部関係者には事前見学などが始まっているようです。

周辺の商業施設ですが、写真左下の白い建物も、現在飲食店や土産物店の複合施設として整備されるという話があります。センターの西隣はコンビニが間もなく完成の様子です。商店街でも、お宮横丁を中心に飲食店舗の出店、広場の整備などが進んでいます。

当然ですが、どんなに素晴らしい建造物も、砂漠の真ん中にポツリとでは人がたどり着けません。導線や周辺環境の整備があってはじめて、成立するわけで、今後の充実・発展が楽しみです。