富士宮の元気中小企業

日本でいちばん大切にしたい会社、の著書でも有名な坂本光司法政大教授と、やきそば学会の渡辺英彦氏のタイアップで、富士宮ローカル版の本が出版された。

取り組みは誠に興味深く、登場する企業のどれも、素晴らしいところばかり。

一つあえて突っ込むと、顔が見えすぎる地元ならではの兼ね合いかどうかわからないが、掲載企業が多すぎて、各企業の取材情報が消化不良になっているところかな、と。全46社。うーむ、致し方無いか?

まあ、とにかく、伸びているところ、活躍しているところの共通点は「きちんと自助努力で、日々業務に取り組んでいる」という事だ。アタリマエかもしれないが。景気のせい、大手のせい、なんとかのせい、なんていって手をこまねいている経営者は、本当の経営者ではない。

ホームランでないにしても、どんな情勢でも、ヒットをうち、出塁し続ける柔軟さ、たくましさをどの企業においても永続に身につける、と。これに尽きると思う。

富士宮の元気中小企業