謹賀新年

田邉日記

昨年中は皆様に大変お世話になり誠にありがとうございました。本年もWEB制作事業を核に、皆様や地域社会のお役に立てるよう邁進して参りたいと思います。本日1月5日より、今年の業務を開始しました。

カボスの拠点があるここ、静岡県富士宮市の昨年の大きな動きとしては「静岡県富士山世界遺産センター」が12月23日に開館したことが挙げられます。

県が主導し、建築家の前衛的なデザインによる、逆さ富士が水盤に映る奇をてらった風景が話題になっています。館内では螺旋階段を登りながら富士山の歴史や文化を知ったり国宝級の富士山曼荼羅図(レプリカ)を観覧することができます。

また、この開館にあわせて、周辺の環境整備や商業・観光施設の整備が始まっています。まだまだ、時間はかかってくると思いますが、一つ一つの完成に期待したいところです。

どんな会社や組織・地域社会であっても人の「情熱」「工夫」「継続」で未来が変わってきます。特に「継続」は本当に大変です。同じことの繰り返しだけではなく、状況やニーズに対応しながら、変化そのものも「継続」していく。

強い会社が生き残るのではなく、変化できる会社が生き残るのだと思います。

皆様と共に、健康かつ、柔軟でしたたかに継続を図れる1年になりますよう、心より祈念申し上げます。