IT企業経営・地域活性化活動の中でのメッセージ・日記ブログです

病院・薬に頼り過ぎない

今それが無いと死ぬような急性の病や大怪我は別として

多くは、病院に行かなくとも、薬がなくとも、大丈夫なケースも多い。

熱出して行っても「様子見ましょう」で返されることもしばしば。

素人の安易な自己判断はいかん、という人もいるが、それもまた真なり。

だが、投薬や注射などで調子悪くなったり、快復が遅れたりすることもまた、真なり。

 

難しいが、一つ言えるのは、日頃から、

きちんと、自分の体の状態について、自分の睡眠状態について、食事生活について、

意識をして把握・コントロールできるようにつとめることだと思う。

 

少なくとも、さんざん、仕事で無茶して、暴飲暴食して、調子悪くなって

生活改善せずに薬とか医者頼みにはならないようにしたいと思う。

シェア用ボタンです
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

有限会社カボスメディアワークス代表取締役。WEB制作・ITサービス提供会社を経営しながら、富士宮市・富士市・富士山エリアを核として地域活性化活動を体当たりで元気に20年以上取り組んでいます。

目次
閉じる