横になって寝る

先日亡くなったやなせたかし先生が「よく寝ろ」と言っておられた。

人は、直立二足歩行するようになり、両手の自由を得て大きな進化を果たした。

その代わり、全身にくまなく血液を行き渡らせるのに心臓に過剰な負担を強いるようになった。

「立ちっぱなし」は、心臓疾患の要因の大きな一つとも言える。

 

疲れがひどいと、夜、寝室に辿り着く前に、ついつい椅子で長時間眠りこけてしまうこともあるが、体に悪そうだ^^;