過去の延長ではなく、未来からかかる橋をかけよう

今でも有効で、現実に成功し続けているモデルなら、過去から延長したっていい。

でも、壊れているモデルの延長上に未来などない。

新しい未来のモデルを描いて、そこと繋がる、未来にかかる橋をかけていこう。