パソコンは朝なぜ遅い?

今やどんな職業でもパソコンは必須の道具。どのみち使うなら「サクサク早く動いて」欲しいものですが、遅くてイライラすることも多々ありますよね。

よく「朝は特に遅いんだよね」と問い合わせを受けることがあります。

朝は起動直後という事がほとんどですが、起動すると、様々な機能の利用準備の為に見えないところでシステムが動いていますので、通常遅くなります。

さらに、たいてい「アップデート確認」ということで、インターネット経由で最新情報があるかないか、チェックがかかります。5 ~ 10 分近くかかったり、インターネット速度が遅かったりPCが古かったりするとさらにかかることもあります。

スピーディに使い始めたい場合、個人なら起床後、会社なら出社して何より先に電源スイッチを押して起動しておくと良いでしょう。また、しばらく使わないで置いた場合も、早めに起動して、アップデートを完了しておくのが良いです。

それでも遅い場合は、パソコンの性能(CPU= 頭脳、メモリ、ハードの空容量など)が影響してきますので、気になる方はお声かけ下さい。簡単にお調べできます。

★富士宮・富士地区のお客様向けに、パソコン・液晶モニタ
(ブラウン管型や大型事務機は有料・別途見積)プリンター・
周辺機器などを無料回収しています。
※壊れていても大丈夫です。※遠方はご相談下さい。
★回収した部品等は適正にリサイクル・再利用させていただきます。
★HDD の破砕証明(有料)もお見積り致します。
★問い合わせは 0544-22-1711

パソコンを少しでも早くするためのセルフチェック 基本編

  • メモリが十分か? 最低でも4GB、快適を目指すなら8GBか16GB
  • ディスクの空き容量は3割以上空いているか?空き容量が減ると、立ち上げだけではなく全般に影響が発生します。
  • 不要なアプリケーションが入っていないか?見極めが難しい点もあるかもしれませんが、明確に使っていないとわかるものは削除しても良いでしょう。どんな機能なのかわからないものは、実は必要なものだった、ということがあるので注意ください。
  • クラウドストレージ(ネット上のディスク)を使いすぎていないか?ドロップボックス、ワンドライブ、グーグルドライブ等、複数のオンラインストレージを使っていると、同期に時間がかかったり、パソコンに負担がかかります。
  • そもそも、ディスクがエラー・損傷を起こしていないか?★無料のチェックソフトで点検ができます。 CrystalDiskInfo(外部リンク)

パソコンをさらに早くするためのアイディア 活用編

朝遅いことに限らず、パソコン利用の日常全般ですが、結局のところはパソコンの性能やインターネット通信環境に左右される部分が多くなります。これらを実施していくことで、環境は大幅に改善します。特に、最新の、高性能の新品のパソコンであっても、インターネット回線が遅ければ、それがネックとなり負担がかかってパソコン自体も遅く感じるケースが多いので、広い視点での環境整備をチェック、検討してほしいと思います。

  • ハードディスクをSSDに(2倍以上の高速化)容量によりますが、2万円台から入れ替えが可能です。
    https://kabosu.net/pcsupport/
  • CPUの高速化(ちょっと上級。できる場合と出来ない場合あり)
  • インターネット通信機器が、ギガビットに対応しているか?対応していなければ、対応のルーターやハブに切り替えを。
  • プロバイダの見直し。特にCATV系のインターネットでプランで制限されている場合や、ADSLなどの低速回線は日常に大きな影響を与えます。

★対策はそれぞれ一例です。