IT企業経営・地域活性化活動の中でのメッセージ・日記ブログです

投資家・慈善活動家の方へ

私田邉元裕、ならびに私達グループ、プロジェクトにおいて、様々な地域活動、社会貢献活動を行っています。地域活性化活動プロジェクトの受託、または、自社事業で得られた利益を活用して、すでに多くのプロジェクトを手掛けてきていますが、ジャンル、テーマは多岐に渡っており、その活動のために必要な活動資金や人財も多く必要になってきています。

私の活動を支援してくださる方を常時募集しています。

支援手段

手段は、個々にご相談となりますが、よくある流れは下記の通りで、一般には寄付や出資・物品や不動産等の貸与等が中心になります。税や各種法律、出資に関連する課題については、お申し出内容によって、必要な専門機関に相談の上、法を遵守した上で適正に解決し、運用していきます。

  • 寄付
  • 不動産または事業に必要な物品の寄付や無償貸与
  • 出資
  • 人財の出向
  • ノウハウ・スキームの提供等

社会貢献活動を支援する代理店、中間支援団体、クラウドファンディングサイトなどは多々ありますが、そうした団体やシステムを介すること無く、私は可能な限り、協力くださる当事者と直接お話をさせて頂き、趣旨、スタンスをご理解頂き、個人の信頼の元に、進めていきたいという考えを持っています。貴重な財源を手数料にとられることなく、100%活用したいという現実的な面もあります。

こんな方からのコンタクトをお待ちしています

  • 事業や投資で得たお金や資産を、地域貢献・社会貢献のために寄付・応援に活用したい
  • せっかくなら、意義のある活動を応援したいが、より現場に近い方と連絡をとりたい
  • 日本の地域を支える人材育成活動を応援したい
  • 富士山環境を取り巻く、文化支援、インフラ支援、産業支援をしたい
  • お金の使い道に困っている
  • やるなら、誰も見たことのない風景、形を創造する、壮大な遊びをしてみたい

なぜ「私個人」と「あなた」の信頼関係のもとに、なのか

通常、こうした寄付や支援活動の依頼、申請、相談は、法人であったり、公共団体であったり、またはそれに準ずる経済団体やNPO法人等が組織として行うことが大半です。

しかし、そうした団体には、役員改選や事業承継、または一般的な会議法に基づく協議・審議を経る中で、思惑通りに事業を実施できなくなることが多くあります。

たとえ、それが代表者の意志であっても、組織のルールの元に却下されてしまったり、当初は良くても、事業の途中で中止を余儀なくされることもまた起こりえます。

そうしたリスクを考えた時に、あなたからの支援の相手が個人であるほうが(またはその個人が継続的に、安定的に、影響力を確実に有している組織でも良いと思います)支援した事業が継続していくでしょう。

私のビジョン、理念、プランが揺るがない限り、実現に向けて動いていくのです。

だからこそ、あえて「個人」を前面に出し、私という人間を知って頂き、賛同頂いたり、興味関心を持っていただいたならば、ぜひ、お付き合いができればと考えています。

令和3年現在45歳、これまでは、自らリードする事業もありつつも、大半は偉大なる地域の先輩方や団体の事業のサポート役として行動し、経験を重ねてきました。

65歳までが、最前線で活動する一つの区切りとして考えた時、ここからの20年は自らが中核となり、事業やプロジェクトを行い、その間に人財環境も整え、次代にも引き継ぐ準備を進めていきます。

構想中のプロジェクト・企画の一例

内容によっては、地域社会でこのような話をすると「それは妄想だよね」「現実を見よう」「無理だ」「お前はバカか」などのコメントを多くいただくことがほとんですが、発信しないことには、何一つ形にはならないと思っておりますので、恥ずかしげもなく、考えてみたことを、文字にしてみています。

なぜならば、お前はバカか、と言っている人が目の前に見ている都市風景や、産業の多くが「もとは、過去の誰かが描いた、妄想の産物」なのです。

皆さんが手元に毎日のように利用している「iPhone」などのスマートフォンやタブレットも、ほんの20年前には「妄想」の産物でした。電話、写真カメラ、動画カメラ、照明、ネット会議、ビジネス活用がたった1台の手のひらにおさまる端末で行える時代が来るなど、誰もが、想像すらしていなかったことなのです。一人、スティーブ・ジョブズを除いて。

そのスティーブ・ジョブズも、非常識だ、独裁的だ、バカだと、自身が作った会社から追い出されるという苦しい時代もありました。彼には、失意もあった一方で、自由に解き放たれたことで創造すること、楽しむこと、ワクワクすることを改めて問い直し、最終的に世に必要とされるプロダクトを様々に産み出しました。その中の、MacOSXのベースとなるOS、NeXTSTEPを開発したNEXTコンピュータ(ジョブズが創業)をアップル社が吸収することで新たに戻ってきたという非常に魅力あるエピソードがあります。彼は、並行してルーカス・フィルムのCG部門を買収して改称し、ピクサーという、素晴らしい世界的に美しくエモーショナルなCG映画を制作する会社も創造しました。

私は、そのような特定のプロダクトを創出するというよりは、自分が住んでいる所だからということもありますが、やはり、日本人の心の象徴「富士山」を取り巻く環境をより良くしたい、という思いが根底にあります。また、ここで培ったノウハウ、実践例は必ず、日本各地にも広がっていくと考えています。

事業・プロジェクトの素案(一部です)

  • 単体の古民家再生プロジェクトではなく、古民家テーマパークを富士山麓に
  • 東海道新幹線新富士駅と、在来線東海道線富士駅の連結(数百億~の話ではあります)
  • 岳南電車も、吉原駅終点なのを、さらに一駅のばして富士駅まで連結、さらに、東も終点の岳南江尾駅から延伸して、御殿場線長泉なめり駅・下土狩駅・岩波駅あたりまで連結。トヨタウーブンシティへのアクセス、長泉の県立がんセンター、クレマチスの丘、愛鷹広域公園、あのあたりをぐるぐるつなげたら面白そうです。
  • 富士山一周できる電車(レトロな)のインフラ整備(環状 富士山の手線 外回・内回)
  • 富士川飛行場を、富士川空港にしたら面白そう(羽田も島田も、遠いです)観光空港として位置づけて富士山上空周遊の小型機またはヘリなどの発着に活用。国際線も来たら楽しそうです。
  • 山梨側に空港設置案も興味があります。
  • 源頼朝、武田家、今川家、富士家、織田信長、徳川家康、多くの武将が大事にした富士山麓のエリアを、歴史文化都市として一貫性を持たせて再整備する。
  • 富士宮市にあった平城、大宮城の復活プロジェクト(大きい天守があったわけではないようなので、地味なんですけれども、風情はあったと思われます)
  • 子どもを産み育てやすい社会環境、福祉の整備、子育て助成制度の強化創出
  • 各種産業の増強が、上記の子育ても含め、働く人達の雇用創出、収入の増加により程よく可処分所得を増やして、豊かな生活に結びつけます。
  • 日本最高峰の富士山の下の環境で、最高峰の学びを得る富士山大学の設立(主として起業家育成・ビジネス・観光・投資等の分野の人財育成)
  • 2030年頃には、1億2000万人を切り、2055年頃には1億人は切るであろうと予測されている人口推計が発表されています。(2019年6月に国立社会保障・人口問題研究所から発表された高齢社会白書による)日本の最適な人口バランスを1億1000万人規模と仮定した、結婚、出産(1家族3人~5人)と子育ての新しいサイクル、支援策を生み出す。そのスタートとなるモデルケース地域として、富士山麓の都市で実践例を増やします。すでに、駿東郡長泉町が、2000年には36,000人だった人口が、2020年現在では43,000人となっており、人口減少社会に転じても、2045年予測で41,000人程度のわずかな減少にとどまっている(将来推計人口 2015年厚労省データ)事例もあり、適正な施策、投資、整備を行うことでモデル地域を増やすことは可能であると考えています。

その他、まだまだ多くのアイディア、構想がありますが、総じて言うとそのような実践を行い、そのノウハウは、日本の新しいスタンダードの地域再生、創生、新生に役立てていきたいと考えています。

まずは、楽しそうな富士山地域を、志有る方と共に、面白おかしく、やっていきたい、妄想について語り合い、笑い合いながら、「本当にやってしまおう」と思える方とのつながりを求めています。

すべては、楽しく 幸せであると、心から感じられる事、本当の豊かさを実感できる、ワクワクできる、ここに居てよかったと思える場所を、創造していきたいと考えております。

連絡先

tanabe@fujimedia.co.jp 田邉まで
Please Contact to My E-mail