Google がいよいよ本気。SSL。富士宮市もまだ非対応。

ホームページ制作・WEBマーケティング

7月24日から、SSLを導入していないサイトに対して、人気ブラウザの一つ、Google Chromeが「保護されていません」表示をするようになりました。Internet Explorerや、スマホのブラウザが多いので、何のこと?と思う方も多いかもしれません。

今後、そうしたメジャーブラウザやスマホブラウザも追随してくるかどうかはわかりませんが、私の意見としては、ぜひとことんやって欲しいですね(笑)

WEBサイトの安全性=利用者の安全性を確保していくという点において、SSL=通信の暗号化、セキュリティの強化はごく当たり前に、全てのWEBサイトに必要なものです。

そうした必要性の喚起、声掛け(笑)という意味でも、Googleの姿勢は、一石を投じる良いものだと思います。

今朝、Yahooで官公庁のWEBがSSL対応していないところが多いという件で新聞記事にも取り上げられていました。

最新閲覧ソフト、官庁HPに警告=通信暗号化へ順次対応-総務省など
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072601048&g=eco

富士宮市はどうだろう・・・?と思って見てみると、まだ非対応でした。(Google Chromeでの表示)

問い合わせフォームや、カート機能などが無いサイトなら大丈夫じゃないか?という質問、疑問もあるかもしれませんが、サイトを閲覧する際にはサイトの閲覧履歴等、たくさんの情報が行き来しますので、トップページも含めてすべて常時SSL化が推奨されています。

対応すると、このように「保護された通信」と表示されます。(Google Chromeの場合ですので、他ブラウザでは表示は異なります)

最新ブラウザになると、保護された通信という表示も消えて「鍵マーク」だけの場合もあります。

SSLは、安価なものも多数出てきていますし、有限会社カボスメディアワークスでも、年間数千円レベルから、より信頼性の高いものまで、幅広くご提案、対応できますので、ご相談頂ければサポート担当がご案内しますよー、と、珍しく営業トーク的記事でした(笑)

問い合わせフォーム

(カボスのサイトへリンクしています)