保護されていない通信と表示される

ホームページ制作・WEBマーケティング

ホームページ閲覧ソフトの一つ、Google Chrome(グーグル クロム)が7月24日にアップデートされて、とある部分の表示が変わりました。何かというとこれです。

SSL(通信の暗号化)に未対応のホームページに「保護されていない通信」という表記が出るようになったのです。

今後、IEをはじめ、メジャーブラウザやスマホブラウザも追随してくる可能性は十分にありそうです。

保護されているとこのような表示です。

WEBサイトの安全性=利用者の安全性を確保していくという点において、SSL=通信の暗号化、セキュリティの強化はごく当たり前に、全てのWEBサイトに必要なものです。

問い合わせフォームや、カート機能などが無いサイトなら大丈夫じゃないか?という質問、疑問もあるかもしれませんが、サイトを閲覧する際には、閲覧履歴をはじめ多くの情報が行き来したり、サイトの改ざんの危険性など、あらゆるリスクがあります。また、フリースポット等Wi-Fi無線通信もリスクがあります。