持ち回りは禁物!?

ブログやホームページの記事や原稿を書く際に『顧客や見る人目線で、役に立つ内容を、更新し続けるべし』というような話を伝えています。

ただ

「わかった。じゃあ、役に立つ記事を書けばいいんだな。社員に持ち回りにさせよう」

と経営者がトップダウンの命令を下す。果たして、それは正解か否か。

無論、どちらかといったら否に近いほうです。

ドラマ、一つ屋根の下のチイ兄ちゃんのセリフを借りて言えば「そこに愛はあるのかい?」です。

持ち回り制は合理的に見えますが、責任転嫁や分散が起こりやすく、まして、本気でのブログなど書けないように思います。

やはり、そのビジネス、仕事を本気で愛している、熟知して人が書くからこそ、面白みも興味関心も出てくるのです。

そこに愛はあるのかい?また見たくなってきたな(笑)