カボス、在宅勤務手当を月3000円 2020年5月から

日本一ホワイトな労働環境を目指すIT企業、有限会社カボスメディアワークスでは、2020年5月分の給与から「在宅勤務手当」として月額3,000円を社員に支給開始致しました。

新型コロナウイルス感染拡大防止の為に4月22日から在宅勤務の併用体制を実施していましたが、5月14日に緊急事態宣言解除後も、安全確保のために在宅勤務(リモートワーク)併用体制を今後も継続していく方針を定めました。

在宅勤務実施中においては、光熱費、通信費の負担が増加するため、社員の負担軽減を目的に、いち早く支給を開始を決定したものです。在宅勤務の実施回数の少ない社員(PCサポートスタッフ等)にも同じ対応です。

社員が安心して業務に取り組める環境づくりをさらに推進していきます。

有限会社カボスメディアワークス 代表取締役 田邉 元裕