【55】まず、表現や発信を始めること。

Next Creation

芸人や有名人などで、昔は「実は口下手だった」「人前に出られなかった」という方が少なくありません。それでも彼らが一歩前に出ることが出来たのは、鍛錬し、表現や発信を続け、トライ&エラーの繰り返しでそれぞれの道の芸を磨いたからです。

僕自身も、学生時代までは全くの不器用、かつ、口下手で人前に出られないような、これといった特技も無く、自信のないおとなしいキャラでした。

そんな自分の人生の転機になったのは、「インターネットによる情報発信」の魅力に気づいたことです。お世話になった先輩が「ネットは弱者の放送局」という言葉を使っていたのが今でも記憶に残っています。

この言葉通り、力なくとも、たとえ不器用であっても、「発信するチャンス」が広く与えられているという事にとてつもない魅力を感じて、このITの世界に飛び込み20年がたちました。

20年前も今も変わらない事は、何かを伝えたり変えようとしたいのなら、まずは「表現」「発信」をしなければ何も始まらない、ということです。そしてやってみて、検証しながら表現力や発信力を磨くのです。

現在では、Twitter、Instagramなど、沢山のお試しができるツールが無料で転がっています。勇気をちょっと振り絞り表現・発信する事で一歩前進できる時代を、有効活用したいものです。

冒頭の写真は、ラジオエフで番組出演しているところ。昔の写真ですが。