オフィス環境整備+リモート・テレワーク体験等環境整備

日本一ホワイトな労働環境を目指すIT企業、有限会社カボスメディアワークスでは、2020年12月中旬から2021年1月11日まで、主要拠点となる有限会社カボスメディアワークス富士宮営業所(富士宮市東町29-14)のオフィス改装を実施しました。

テーブルレイアウトの大幅変更 ブース設置+ZOOM会議に慣れる

従来のテーブルが並んでいるレイアウトを廃し、社員一人一人が業務に集中できるパーティションブースを設けました。これにより、作業の効率化ならびに、会話時や飲食時の飛沫拡大防止を図ることができます。また、社員個々のスペースの実現により各自の自由なレイアウト、アレンジを許可したことで、モチベーションアップにつなげています。

全社員PCにZOOMなどのオンライン会議用設備を常設し、即時オンライン会議に参加できるようになっているほか、朝礼・終礼はZOOMを用いて実施することで日常からオンラインサービスの利用に慣れていく環境づくりを整えました。

トイレ

老朽化していた一部のトイレを抗菌仕様の最新型に入れ替えました。これにより衛生面の強化、節水・節電効果の向上や女性社員の安心感の向上を図りました。

リモートワーク・テレワーク

  1. テレワークに対応できる設備を整えたいが導入手順が定まらない
  2. ITに苦手意識があり導入後のイメージがしづらい
  3. 機器の操作が未経験で、設備はあるがうまく使えない
  4. 守秘義務と飛沫対策を整えた事務所とオフィス環境を作りたい
  5. オンライン会議の体制を作りたい、使い方がわからない(Zoomなど)
  6. 顧客管理などの情報共有の方法(クラウドアプリケーション利用)

など、テレワーク・リモートワーク、クラウド活用などにおいて不安のある方に、体験ブースを設置し、レクチャーを行うことができるようになりました。

気持ちよく働きやすい環境づくりを2021年も継続的に取り組んでいきます。

有限会社カボスメディアワークス 代表取締役 田邉元裕