【70】本当の研究とは

 国立科学博物館が「3万年前の航海を徹底再現」として企画・製作し、多くの評価を得ているドキュメンタリー映画「スギメ」の配信が7月から始まりました。

https://www.kahaku.go.jp/sugime/ (外部サイトへリンク)

 日本人の先祖が渡来したルーツを探る研究の上で「台湾からの航路は本当に可能だったのか」という事を実証したいと始めた6年がかりの壮大なプロジェクトです。草、竹、木、いろんな素材を3万年前の道具で加工して実験し、最終的に木が最適という結論にたどり着きました。杉の木を切り出して丸木舟を作り、5人の男女が現代の文明の利器を一切使わず、古代の航海法(星や太陽の動きを見て針路を定める方法)で225kmを漕ぎ切って与那国島に到着することが出来たのです。

 こうして「ガチで実証」したプロジェクトに関わった人々の熱意に大きく感動しました。そして彼らに最大限のリスペクトの気持ちで一杯です。文献や推論だけで議論されたものとは異なり、こうして実際に再現してみる事こそ、本当の研究だなと感じます。

 情報過多な現代、体験や実証をせず見聞きした事だけで物事を判断してしまいがちな傾向が増えています。非常に危うく怖い事です。中々これだけの規模の実証は大変とはいえ、彼らの姿勢・マインドは、多くの大切な事を教えてくれる気がします。